求人広告は毎日欠かさず見ています

今はいろいろな仕事がある時代ですが個人的にはいろいろな職業の求人広告を見ることを日課にしています。一昔前でしたらほぼ毎日見ていましたが今は他の仕事をやっているので失業でもしない限りは求人広告など見ることはないと思いました。いろいろな仕事がありますが何よりも現場の仕事はかなり嫌われているというか若い人はもっと現場での作業を経験するべきです。何よりも私は現場での作業が楽しいものでした。求人に応募してから採用された時はとてもうれしいものでした。もう仕事をすることばかり考えてとにかく目の前の事はあまり考えませんでした。仕事がないとはいいますが周りをみればかなり仕事はあります。ないというのは個人的な言い方ですがぜいたくかもしれません。仕事は選ぶものではないと思います。ですから大切なことは何かと言えば正直仕事を選ばないということです。どんな仕事でもこなすということでしょうか。個人的にはどんな仕事でもやるという意気込みが大切です。