求人が人からロボットへと移行するのか

社会で生きていくのには、働いて対価を得なくてはいけません。誰もが夢見た職業でくらしていけるわけではなく、子供の頃夢見た職業とは、違う職業に就いていることも多々あります。しかし、近年では、少子化の影響から、人手が足りず、飲食業界では常に求人情報が出されています。それでも、人手が中々確保できずに、留学生などの雇用が目立っているのは、生活している誰もが感じていることです。将来的には、ロボットが労働を担うとされていますが、そうなると人の求人がなくなってしまう可能性もあります。多くの商品を製造できる労力を得ても、消費する人に体力がなければ、消費は増えず、経済が衰退していきます。無駄をなくすことは、経営の基本ですが、このまま機械化を突き進むことは、将来性のないことかもしれません。ロボット達が、労働を全て担うのであれば、ベーシックインカムなどの制度を導入することも、本気で検討していかなければいけません。

京都で歴史ある質屋

横浜市内の公営火葬場

看護師さんも勧める葬儀社

mucotaでヘアケア

出荷指示をもとに商品のピッキングから行います